2017年1月30日月曜日

NATURAL

書店員のなつこは気になっている雑誌があった
女性たちが毎月中旬に入荷してくる「NATURAL」という雑誌を決まったように買い求めていく

その雑誌の表紙にはいつもスポーツドリンクやスポーツサプリメントの写真がおどり
裏表紙の広告欄はエステや温泉のパック旅行などのものがプリントされている
そして出版社はスポーツ雑誌を発刊する、ある程度名の知れた会社のものだ

部数が伸びているという意味でも気になっていた夏子は
返本に出す予定だった
売れ残りの一部を自分で買って読んで見ることにした

表紙を捲り、最初のページはサプリメントの特集広告から
始まり

目次をめくると
頭に王冠をのせた女性が全裸
で晴れやかな笑顔でガッツポーズをした写真が写っていた

そして
西日本チャンピオン
ゆきえさん

スポーツ新聞の1面のような雰囲気のみだしがおどっていた
余りにもその容姿が美しかったので
これは女性たちが裸の美しさを競い合うコンテストなのだろうか
と思い次のページをめくると

その女性や他の女性たちが裸で取っ組み合いをしている写真がページを埋め尽くすように掲載されていた

さらにページをめくると
さっきの女性のインタビュー記事が載っていた

そういえば、1年ほど前にNIエクササイズとかいう
裸で取っ組み合いをするエクササイズの本がかなり売れたな
と夏子は思い出していた

タイトルがその本と全然違っていたのでわからなかったが
どうやらその健康方の雑誌のようだった

そして
エクササイズ中の栄養補給特集
と題された記事が何ページかつづき

そのつぎのページには
田舎のローカル線の駅に降り立った女性の写真が掲載され
ていた

そして
その田舎を観光したあと
そこの現地の女性と
対談した記事のあと
全裸で取っ組み合いをしている写真が何枚か入った写真がつづき
次のページでは
一緒に温泉に入ったり旅館の部屋でお酒を酌み交わしながら対談するページが
つづいた

そして
トレーニング機材やサプリメント等の広告のページがつづき

NIエクササイズ初心者講習会の様子が
掲載されていた
これは毎月 やりはじめたばかりの人を対象に開かれてる講座のようで
これで講習だけでなく練習相手をみつけたりするようだった
最初のページの上級者の人は
スレンダーな体格で激しく組み合ってたのに
初心者講習会の人たちは丸みを帯びた体格の人や極端に痩せ気味な人が多く
みんな裸になることなどに羞じらいながら
遠慮がちには組み合ったりしてる様子がどこか微笑ましく感じられるものだった

NIエクササイズをやってる人は
専用のSNSに登録して
そこで遠方の人同士とも交流を深めたり
大会に参加申し込みしたり
してるようだった

そして
雑誌の最後には
来月号の予告が
東西王座対決 日本王者ついに決まる
と題した記事等が宣伝されていた

読みおえたなつこは
いつしか やってみたい好奇心にほだされ
最初は迷ったものの

鏡の前で裸になってみて
すこし脂肪が乗ってたるんだ自らの裸体を目の当たりにして
決意を固めて
登録をすませた

2017年1月27日金曜日

全裸レスリング

2作目ほんとうれしいです
このまま派生作品いっぱいでたらうれしいな

全裸100人 全裸五種競技

漁業で栄えた房総半島に浮かぶ寂れた小島の浜辺には肌も露わな20代から40代の女達が 100人
大金欲しさに集まっていた

島は島内を挙げて全面協力のこの大規模なテレビ番組の大型企画により久方ぶりに若い活気に包まれていた

荻原さなえも制作会社が押さえた宿をあとにし
集合場所の浜辺にむかっていた
普通の日曜日の撮影で
翌日の仕事がキツいかもしれない
でも、この日のために水泳の練習も積み
そのほかの競技の特訓を重ねてきた
なんとしても優勝賞金1千万円を手にしたいと考えていた

少子化も進行が著しく
その改善のために裸やエロといった規制が大幅に緩和されたこの時代
この企画には大企業含め
多くのスポンサーがついていた

よって副賞や各競技毎のボーナスも
現金の他、車や高級ジュエリー等
まるでプロゴルフのトーナメントのような絢爛豪華さを誇る品揃えになっていた

今回で3回目の放映になったこの番組
女たちの多くは熱心な視聴者であり
この番組のお陰でスポーツジムへの女性の入会が微増に推移し
この番組を意識した講座を企画し始めるスポーツジムも現れ始めてきた


この番組に参加する女達には
優勝賞金1千万円のほか
各競技毎のボーナス及び
各競技毎の出演料も設けられている
なぜ 競技ごとに出演料なのかというと

競技の特性上
すべての競技に100人の女たちを参加させることはできないので
競技ごとに人数を絞って行っていく方式だからである

まず最初のスイムとランは一律3万円が支給され
その上位30名のみが参加できる
屋内でのかるた取りでは
10万円が支払われ

かるたの勝者15名による相撲の総当たり戦では30万円が支払われ

上位2名による優勝者を決めるレスリングでは35万円が支給され

優勝賞金として100万円が別枠で授与される
また各競技等で目立った参加者には この他に各スポンサーから
自社製品等が送られる

この毎年、夏に放送されるこの番組に出ることは多くの女性たちの密かな憧れの的ともなっている

女たちは 何個も用意された着替えようテントで産まれたままの姿になり
太ももに自分のゼッケン番号のボディペイントを施し
スタート地点の浜辺に集まっていた
そして まもなく鳴り響いた合図の号砲とともに
一糸まとわぬ女体を揺らめかせながら

ここから砂浜の別の地点まで泳ぎ
そこで水分を受け取ってから浜辺をゴールの旅館前の関門地点まで走り抜く
関門地点では30名到着した時点で閉鎖されることになっている

そして
大広間でのかるた競技に臨む
スイムとランを終えた女たちは
息付く間もなくこの競技に臨む
対戦は上位15人と下位15人が当たる仕組みになっており
上位15人は蒸し暑い中苛立ちながら待っている形となり
下位15人もここまでの挽回に燃えてのぞむので
その大広間は独特の殺気を帯びる
札が読み上げられると
す・・・ぱんと
札を見つけ出してさらう音だけがこだましていた広間の様子も
少ない札をめぐって
体がぶつかり合い
「いまのあたしがとりました」
「いえ あたしです」
「あなた 遅かったからあたしに優先権あるでしょ」
「それとこれとは話が別でしょ」
口頭でも激しいやりとりが至るところで聞かれるようになる

かるた競技に於いて 審判はつかず
その判定で揉めた場合は
各自の合議でとりなすこととなっており
ここでの怒気をおびた
裸の女同士のやりとりも
この番組の見どころのひとつとなっている

こうして決まった15人の相撲参加者は
まわしを受け取り
しばしの休息と食事の後
マイクロバスに乗り込み
特設の土俵に移動する

バスの中では
ここまでの疲労と周囲への敵対意識から
重い沈黙に包まれ

土俵に集まる
そして総当りの相撲競技に入る
この取り組みは上位2人が決まるまで続けられ
100人から15人に絞られた女たちによる気力を振り絞った取り組みが繰り広げられ
最後のレスリングという名前の掴み合いの決闘の儀式が行われた
相星りつこはどうにかゴールの関門をギリギリ通過し
かるたでもカラガラ勝利し
最後の根性比べのような相撲を13勝1敗で乗り切り
ここまで勝ち上がってきた
その1敗を喫した相手が最後の決闘の相手のオンナだ
最後のレスリングは
特設のたいまつの炊かれた会場に場所を移して行われた
しめこみが苦しかったまわしから解放され
裸で対戦相手と向き合う
対戦相手は同じ宿だった
中上きよえ
昨日 宿で仲良くなった女とまさか
こんなかたちでやりあうことになろうとは

りつこときよえは
まず力比べから入り
激しく転がりまわり
主導権を奪い合い
間合いを探りあった
これまでの疲労で意識朦朧としたなかでの戦いで
お互いへの闘争心だけが意識をつなぎ止めていた

そして
勝負は
間合いの主導権を得たりつこがきよえを締め上げる形で決着した

こうして


女たちの夏の祭りは
幕を閉じ

例年高視聴率を稼ぎ出し続ける

2017年1月3日火曜日

カップルマッチ

-都内某所のスタジオ-
大物芸人と女性MCの司会で2組の夫婦がトークを行ったあと
その夫人同士が予め課題として示され練習してきた格闘技でで対決するというテレビ番組の収録が行われていた

「・・・うぅうう
あなた もうちょっときつくお願い」
「ああ 大丈夫か」
休憩室のひとつでは
えりこがおっとに手伝われて相撲のマワシを締め込んでいた
「負けたくないの あの奥さんには」
「燃えてるなえりこ 」
「トークの時からあの女にムカついてたのよ 」
「むこうも おまえを見る目が殺気立ってたもんな」


この番組は元は深夜番組として始まったものだが
家族のために奮闘する妻と
それを支える夫の姿という構図に人気が集まり
木曜夜22時というゴールデンの時間帯に移動し
それでも尚、人気が続き10年目を迎える長寿番組となっていた

2016年11月5日土曜日

とあるまちのママさん相撲の人 3

殿田なぎこはママさん相撲の決勝の土俵の上にいた
相手は同じクラブの久住けいこ
なぎことは偶然にも同じ日にクラブに入会し
それ以来
練習でも試合でも
なぎこはけいこの背中を追いかけてきた
団体戦ではいつも大将はけいこ
なぎこはいつも副将

そんな
目の上のなんとかのような存在との対決になぎこは意識を燃やしていた

傍から見れば
共にクラブを牽引する存在の両雄の対決に注目は集まった

前も決勝でけいこに
最後にけいこに勝ったのはいつだったか

そんなことに思いを馳せてるうちに
審判の仕切りで
両者手をつき

取り組み始まった
両者激しく当たり合い
ちょうど乳房と乳房がぶつかった

そして正面から左右によじれながらの長い組合いの末
ほんの好きをつかれて
今日もなぎこはけいこに土俵に倒れた

けいこに勝つには


けいこに勝ちたい

何かを変えたい


そう思っていたとある夜

突然 夫が 地元に帰って家業を継ぎたいと言いだした

変化を求めていたなぎこは

表立っては渋々ながらも了承した



引越しに伴って
このクラブでの最後の練習に臨んだ
練習とはいえ最後にけいこに勝ちたい
そう思って
いつもより丁寧にまわしを締め込んで
更衣室で鏡の前に立ってみた

相撲を始めた当初よりひきしまった身体が鏡の前で広がっていた

けいこに最後に勝ったのは
団体メンバーの最後の1枠を三人で争った取り組みだったとなぎこは思いだした

なんとか押し出しで勝ったが
そのときのけいこは
なんとも悔しそうな顔が思い返されてきた

2016年10月16日日曜日

とあるまちのママさん相撲の人 2

体育館の片隅のマットの上には、裸にまわしだけをまいた女たちが10人近く集まっていた。
よりこも若葉が用意したまわしを締めて、その輪の中にいた

「岩田さん、やっぱりほんとうに裸になるのね」
「これの空気に慣れたらこれが快感になのよ」
「そうなのかな ・・・・
やっぱり恥ずかしいわ」

よりこはこの日までに
インターネットで
ママさん相撲の大会の映像などを見たりして予習してきたつもりだったが
やはり
外からも見える場所
周囲におおっぴらに裸の姿になる事には恥じらいを感じる中
まずはみんなで
土俵周りを軽く走った後に
股割りのようなものを含めたストレッチや
四股など基本的な運動を行った後
対戦形式の練習に入っていった

「大村さん、篠崎さん
とりあえず勇気をだして挑んでみるのよ」
主将の市島ほのかから声をかけられた

40歳を過ぎた実年齢だが
何年か相撲をやりこんだ成果なのか
28歳のよりこと並んでも同じ年に見えるぐらいの若々しさを漂わせていた


いよいよ対戦形式の練習が始まった
裸の女たちの放つ熱気と気迫によりこは圧倒された


練習とはいえ
女と女が裸で女の意地をかけて戦っている
そんな空気が土俵の書かれたマットの上を取り囲んでいた


「チームの人たちはね、それはもちろん仲間なんだけど
やっぱりお相撲って、勝った一人だけが土俵の上に残るじゃない
だから負けたくないのよね、だれであろうと
もちろんチームだし団体戦では味方なんだけど
団体戦のメンバーは3人だけだし
メンバーに入るためにはチーム内で勝たなきゃじゃない
応援してるよりは出るほうがおもしろいし
個人戦だとチームの人も対戦相手になったりするしね」
若葉の言葉がよりこのあたまのなかで回想された」


対戦形式の練習は総当たり戦形式で行われた
よりこはどの対戦相手にまったく歯が立たずにまったく勝てないまま最後の対戦をむかえた
最後は同じく今日初参加の大村めぐみとの対戦だ


自分と同じ初心者には負けたくない
よりこはそう強く思って土俵に向った


めぐみはよりこより身長が小さく
よりこより胸は大きくふっくらした体格をしていた


よりこと同じくまったく勝てなかっためぐみも同じことを思っていたのだろう
土俵中央ではは強い眼の光が交錯した
今日教わったばかりの所作をして


両手をついて
行司役の合図で取り組みが始まった
互いの負けたくない気持ちがぶつかり合い
激しく組みつきあった二人の体が右に左に
動き
動きにわずかな隙が出たよりこがめぐみに覆いかぶさられるような形で終わった


よりこは
まったく勝てなかった悔しさと
裸で闘うことの快感に頭がおおわれていた


「篠崎さん 今日どうだった?」
練習後 着替えてる時に若葉に話しかけられた


「楽しかったけど、ひとつも勝てなかったのが悔しいかな
まわしはどうしたらいいかな?」
「今日のは貸出用だから洗濯して返して
自分のが買えるまでそれ使っててもいいし」


こうしてよりこの相撲人生は全敗ではじまった。

2016年10月13日木曜日

とあるまちのママさん相撲の人

篠崎よりこは夫と子供を会社と幼稚園に送り出し
スーパーのパートに通い
そして家事をこなす日々を
どこか乾いた気持ちで淡々と過ごしていた

とある日の夕方
子供と散歩して近くの体育館を通りかかると
ママさん相撲の練習してる光景が目に入った

ママさん相撲
相撲の美容効果が注目され
何より少人数と少ない投資額で気軽に始められるスポーツとして
主婦たちの間で少しずつ普及してきているものだった

よりこももちろんそれは知っていたが

最初は内心
女が裸でまわし巻いてあんなことするなんて気がしれない
と思っていたよりこだったが

なんとなくひきつけられるものを感じ
最初はなんとなくわざと練習のある日に体育館の近くを通りかかるようになり
練習を遠目から覗いていくようになっていった

そして
ある日
その体育館が子供のピアノの発表会の会場になり

体育館の入口で子供の順番を見ていると

いつも見ているママさん相撲チームの募集の貼り紙が目についた

そのメンバーの写真には
見知った顔が一人入っていた
パート仲間の岩田若葉だ

そういえば岩田さん
ココ最近 痩せてきてきれいになったと思ったら
これだったのね


内心、思っていたら
その岩田若葉から声をかけられた
「あら 渕崎さんお相撲興味あるの
私が仲介してあげるから
まずは見学でもきて!」

彼女も同じピアノの発表会に来ていたのだった

そうして




よりこは 若葉に進められるままに
ママさん相撲の練習場所の体育館に向うのだった